北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
新潟県
市町村旗・又は章 市町村名 人口 旗・章の由来
新潟市 529,952 ・港のしるし錨と中央の五をもって,安政五年通商条約により指定された五港を意味し,これに雪環を頂かせて五港の一つ新潟をあらわす。
  旧新津市 66,081
  旧豊栄市 49,097 ・栄の「トヨ」を潟に採れるひしの実の形に図案化した。昔、この地方一帯は、ひし藻におおわれた潟であったものを、豊かな土地に切り開いたことを表わす。また、整然とした道路網と農地を表わし、都市的形態を整える豊栄市を表現している。
  旧白根市 39,902
長岡市 194,546 ・不撓不屈の不死鳥の姿に託して表現。
  旧栃尾市 23,752 ・雪国にちなんで雪の結晶をかたどって、外郭とし、その中に”栃”の文字をいれたものです。
三条市 83,725 ・輪郭は「三」を表わし、中央に「條」の字を配する。
  柏崎市 87,101 ・柏崎を象徴する柏と海を図案化したもので即ち中は結び柏を周囲は波頭を表したものである。
新発田市 90,292 ・五階菱(溝口菱)。初代秀勝関ケ原の合戦に徳川勢に属し大功を樹てたが、その合戦の前夜秀勝は夢をみた。それは今までの溝口家紋章ミヅナの紋に美しい後光がたなびいたのである。秀勝これを瑞兆なりとしその形に則って紋章を定めた。それが溝口菱であるといわれる。
小千谷市 40,890 ・雪国にちなみ外廓を雪の結晶で表わし、中央に「小」の字を図案化し、円でまとめたもので、克雪都市小千谷市が市民の和と協調により大きく発展することを象徴している。
加茂市 32,346 ・明鏡止水くもりない発祥青海神社のヤタノ鏡の中に、市名の頭文字「カ」を入れ永遠の理想と、市勢のかぎりない隆昌発展を象徴している。
十日町市   ・十日町市の「十」の字を温かみのある「人」のイメージにデザインしています。「橙」は明るい未来を照らす太陽、「緑」は豊かな恵みをもたらす母なる大地、「水色」は大地を潤す大河信濃川です。キャンバスの「白」は雪と未来です。豊かな自然の中で、新たな発展を目指す十日町市民の夢と希望を表現した市章となっています。
  旧十日町市 42,252 ・十日町の文字を図案化したもので、大正4年1014日御大典記念に十日町章ときめ、市制施行と同時にそのまま市章として定めたものである。
見附市 43,326 ・「ケ」を3つ組合せ、伝統と歴史の見附を表し、全体の丸は平和を象徴し且つ突出は限りない本市の飛躍を示している。
村上市 31,080 ・「村」と「上」の字を図案化したもの。
燕市   ・燕市の「つ」を組み込み、さわやかに飛び交うつばめをイメージ化。だいだい色は人と産業の活力を、緑と青は自然を表し、調和しながら進化するまちの姿を表現しています。
  旧燕市 43,459 ・商工都市燕を象徴するつばくろを中心に、周囲に歯車をかたどったものです。
糸魚川市   ・糸魚川市の「糸」の文字をモチーフにさわやか・すこやかで輝きのまちを2つの輪(和)で表すとともに、交流都市を表現しました。また、大自然豊かな地で3市町が合併することも含め、市民を中心に行政・企業の3つの柱が力をあわせ、「糸魚川市」を元気いっぱいの明るい都市づくりに向かっていく姿を描きました。
旧糸魚川市 31,110 ・かつて糸魚川市に生息していた「いとよ」。三尾をもって市民を表し、三尾のいとよが密接に連繋し己を守り、他を尊重する意味がこめられています。
妙高市   ・妙高市の頭文字「M」をモチーフにして、妙高山をイメージし、3つの山で3市町村をあらわしている。また、全体として翼を広げた鳥が未来へ向かって羽ばたくイメージで、緑は豊かな自然や安らぎをあらわしている。また、全体として翼を広げた鳥が未来へ向かって羽ばたくイメージで、緑は豊かな自然や安らぎをあらわしている。
  旧新井市 27,600 ・「新井」の文字を図案化したもので、円形は市の円満、融和、団結を表しています。
五泉市   ・五泉市の頭文字「五」を、チューリップの花にシンボライズしています。2つの丸は、合併した2市町の人々が手を取り合い、未来に向かって躍動する様子を表現しています。また、上部は三方の山を、下部は阿賀野川、早出川を表し、青色は清流、緑色は自然を表しています。
旧五泉市 37,765 ・「五」の字を「泉」という文字で囲み、円状の字は円満な行政を象徴し、上部のとがりは発展を表したものです。
上越市 135,195 ・上越市の「上」を草書体であらわし、若葉を思わせる形は、新しい日本海時代に向つて限りない発展を表現したものである。
佐渡市 69,803 ・全体の形は佐渡市(Sado City)の「S」であり、佐渡島の形と羽ばたく「トキ」の姿をイメージしている。色は、夕日・朝日に輝く島と島を取り巻く海を表わしている。豊かな自然と、未来へと続く薫り高い文化を表現している。
阿賀野市 47,818 ・阿賀野市の「ア」で阿賀野川に抱かれた緑豊かな阿賀野市の明るく元気な姿をデザインしました。赤はさん然と輝く希望の太陽とみなぎる活力を、青はオアシス都市の誇る人・もの・情報の発信と市民の手をつなぐ協働・共生を、緑は理想の明日を拓く創造性とひろがる夢や未来を表現し、全体で「21世紀に躍進するオアシス都市 阿賀野」が力強く飛翔し、発展する勇姿を象徴しています。
魚沼市   ・全体のコンセプトは「支え合い」。人と自然が支え合っていくイメージを表しています。稲穂のようなデザインでまとめてあります。穂の部分は6つの町村を表し、稲の部分は魚沼の「う」を図形化してあります。
南魚沼市   ・「南魚沼市(みなみうおぬま)」をイメージし、市を代表する魚沼コシヒカリ、そして魚野川の清流と豊かな自然のもとで自然・人・産業の連鎖と融和により発展する南魚沼市を表しています。青は、清らかな流れと澄みきった空、はてしない未知の世界を意味し、赤は、新市への夢や希望とそれの実現に向けたエネルギーを表した市章となっています。
胎内市   ・青は日本海、緑は櫛形・飯豊に代表される豊かな自然、白い三日月は母なる胎内川、オレンジ色の小円は勢いよく上昇する朝日を意味する。また、緑の三角の各点は旧中条町の3地区、白の三日月とオレンジの小円は旧黒川村の村章を含意したもの。

市町村・旗・章リスト - 新潟県
LastUpdate2014.02.16

ブックメーカー | ネッテラー | ピナクルスポーツ | ウィリアムヒル | bet365