北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
青森県
市町村旗・又は章 市町村名 人口 旗・章の由来
青森市 295,915 ・青の字を模擬したもので、円は青の字の月を意味し、星の七つの突角は、青の字の月を除いた部分で北斗七星になぞらえ、本市は本州の北端である意を図案化したものです。
弘前市 174,823 ・卍(まんじ)は、その昔津軽藩の紋章として用いられた由緒あるもので、その意味は「私心を捨て、社会に尽くす心」を表したもの。
  八戸市 241,891 ・「戸」を中心に「八」が囲むのを表したもの。
黒石市 38,867 ・黒石藩の旗印と替紋。中国の春秋時代(約2500年前)のころ、公服に使われた階級12章の一つに(フツ=星の意)があったといわれています。
五所川原市   ・五所川原市の頭文字「G」をモチーフに、青は日本海、十三湖、岩木川を、緑は大地の恵みを、赤はりんご、太陽をそれぞれ表し、豊かな自然を背景に、活き活きと、未来に躍動する姿をイメージしています。
  (旧五所川原市) 48,824 ・周囲は特産のりんごの断面をあらわし、「五」は和やかなうちにも市民の力強さをあらわしています。
十和田市   ・上の青い部分は「十和田湖」の形をデザイン化し、豊富できれいな「水」を表し、下の緑の部分は豊かで新鮮な「自然」を表している。
  (旧十和田市) 63,407 ・十和(輪)田を図案化。輪が4つに区分されているのは、4カ町村の合併を意味します。下部の小円は十和田湖との密接な関係を意味するとともに、十和田市の無限の向上発展を表します。
三沢市 42,831 ・3つの「サ」の字を円形に配置し「ミサワ」を意味しています。矢は資源である松の葉を配したもの。
むつ市 49,388 ・ひらがなの「むつ」を図案化し、融和と飛躍的発展を象徴化したものです。
つがる市   ・「つがる市」の頭文字の「つ」を図案化し、たわわに実った稲穂、日本海の美しい波を表現している。稲と波しぶきを表している楕円の数は、旧5町村を指す。自然と調和しながら、市の円満な発展を意味します。
平川市   ・平川(ひらかわ)市の「ひ」をモチーフにデザインしました。「豊かな自然」「豊かな実り(りんご)」「元気な市民」をイメージするとともに、未来に向かって飛躍する同市・市民を親しみやすくシンボライズしました。

市町村・旗・章リスト - 青森県
LastUpdate2014.02.16

ブックメーカー | ネッテラー | ピナクルスポーツ | ウィリアムヒル | bet365